MMORPGを通じてリアルに結婚した、私と旦那とうさぎのうかつで愉快な日常です。
09« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11

劇的にぱかっと改善できればいいのにと良く思う母のこと

昨日は会社をお休みして、税務署に行ったりしておりました。

税務署の用を済ませたら、母の入院している病院に行く約束をしていたのですが、
あまりに天気が良いので(しかも土日が晴れ曇りだというし)午前中は洗濯と掃除に没頭。

旦那がいない平日の昼間にこうして家のことに集中していると、
週休3日にならないかなー…
とちょっと本気で思ってしまいます。



なんだかんだ、所用をすませて母の所に顔を出したのは結局夕方。

右膝の骨折をして入院した母。
元々脚が悪いためか、驚異的な運動音痴が災いしているのか、
松葉杖のリハビリにとっくに入っているのですがなかなか上達しません。

3ヶ月経たないとリハビリのこと考えたら退院できないかな…って感じだったのですが、
火曜日に謎のじんましんが首に出来て、40度の高熱を出してしまいました。

昨日も追加検査をしたそうなのですが、どうも扁桃腺が腫れていると言われ、
医師からは専門医に診てもらった方がいいかもしれないという話でした。
大口開けていびきかいてるからかな母ちゃん…。
たいしたことなきゃいいのですが。

それも気にはかかるのですが、更に気になることが。



うつ病発生。



元々うつ病持ちの母。
その付き合いは長く、もうどれ位長く煩っているのかちょっと分かりません。

うつ病と診断されたのが私が高校生の頃ですが、覚えている限り幼稚園の頃から被害妄想は凄かったし、
母が言うには母が高校生の頃すでに被害妄想で苦しんでいたらしいので、
母の人生の大半はうつ病(もしくは類似の精神病)と共にある状態です。

母の場合、病的な『うつ』と、一般的に言われる『うつ状態』が隣り合わせであります。
かなりいっちゃった顔をしていたり、一日中ベッドにふさぎ込む状態だと病気の方かな?と思うのですが、
ただぼんやりと虚空を見てどんよりしていると、病気なのかただのうつ状態なのか判断が難しいです。
元々の性格がマイナス思考だから…ってのが大きいのでしょうが。

しかし、本人が言うには今年に入ってからは病的なうつにはなってないそうでした。

ところが入院して1ヶ月ほど経ってからうつ病の症状が出てきてしまったのです。

母「言いたいことがね、いっぱいあるんだけど…
私「うん? 話せばいいじゃない?

母「………ここでは話せない
私「…もしかして、看護婦さんとかが自分に対してどうとかとか思ってるの?

母「……………

ビンゴでした。

昨日話を聞いたところ、病院の医師や看護婦や、世話を焼いてくれる人達などが
自分に悪い感情を持っているという被害妄想が出てきているようです。

特に看護婦さんや係の人が、お茶やお水の配給を忘れてしまったり、
頼んだことなどを忘れてしまったりすると、自分に対する嫌がらせだと思ってしまうし、
うまく看護婦の人達と話すことができないので、なんだあの人はと思われているんじゃ等の不安感。

私「忘れちゃったんでしょう? 人間だもの
私「看護婦さん達、あんなに忙しいんだもん。そんなに気を払えなんて、可哀想だよ
私「こんなに大勢の患者さんがいて、おかんだけにどうのこうのなんて思うわけないでしょう?
私「話せる看護婦さんと、話していけばいいじゃない

などと言ってみるのですが…

難しいです。
いったいどう対応すれば正解なのか、私も未だにわからずにいます。
うつ病に対しては否定することはよくないと言われていますが、被害妄想に対してはそれを認めるのも良くないことですし。
実家でなら、こんこんと思っていることを聞いてあげられますが、
なにぶん病院だと母もあまり話せないと思っているし…

母「若い看護婦さんがいるんだけど、いつも私とか患者さんの前ではにこにこしているんだけど

母「こないだ凄く疲れた顔して『そんなことまで私できないわよ』って独り言言ってたのよね…
私「うん。看護婦さん達、大変だよ。本当にね

母「そうよね…

ちょっとでもそう思って、自分に対してわざとそんなことをしているんじゃないって、
思ってくれていけばいいのですが……

うつ病の場合だと、理屈じゃないところもあるので、簡単じゃないです。


いつもうつ病でかかっている病院と、入院している病院は違います。
抗うつ剤の処方は今の病院でもしてくれているそうなのですが、診察は行われていません。

私「この病院にも心療内科があったよ? 病院が違うとまた違うかもしれないし、診てもらえば?
母「………

母「まだいいわ。そこまでじゃないし…

看護婦さんに相談する方が、いいのかなぁと悩みます。



昨日は父が仕事の日だったので、父には事情をメールと電話で伝えました。
そしてミミちゃんの所へ……

仕事から帰ってきた旦那にも、母のことを放しました。

私「……って話してきたんだけどさ、今気づいたけど、失敗したかも
旦那「何? 失敗って

私「ここでは話せないっておかんが言ってたのに、話聞いちゃったから

私「たぶん今頃、私に話した内容が看護婦さんに聞こえてて、
  あの人があんなこと言ってるって思われてる…っておかんの中でなっている気がする。失敗したな…


母の思考パターン的に、かなりの確率で。

旦那「失敗ってなにさ。失敗ってことないよ。

旦那「お母さんの話聞いてあげたの、良かったと思うよ
私「うん……


ありがとう旦那…。
うつ病患者の家族として、まいってしまう私を支えてくれる旦那。



CIMG3092.jpg

そしてミミ。



CIMG3096.jpg

アニマルセラピー…。

おかんは退院しないとできないなぁ。
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 親子関係 | GENRE : 結婚・家庭生活 |

● COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

● TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

usapooh
双方初彼氏彼女で2年と7ヵ月交際
2009年3月結婚。
2009年7月お家を購入!
ベビなし共働き中。
2013年1月うさぎのあんこ登場。

2014年12月旦那が不倫。
2015年5月別居開始。
2015年12月末、再構築へ。

● ぷちオタ家 ●
:usapooh
AGE:38歳
TYPE:典型的なO型
JOB:会社員(データ関連)

旦那:bayopooh
AGE:2年355日年下
TYPE:A型より(?)のAB型
JOB:フリーランス(SE)

あんこ(うさぎ)
AGE:2012年9月生
TYPE:ライオン混ドワーフ
JOB:自宅警備員


最新のコメント


カテゴリ


タグクラウドとサーチ


リンク


月別アーカイブ

10  08  07  06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


お小遣い稼ぎ中

☆御用達アンケートサイト☆
めちゃオススメです!
マクロミルへ登録

☆御用達ポイントサイト☆
ダブルポイントでゲット!
ポイントサイト「Point Income」


Plus