MMORPGを通じてリアルに結婚した、私と旦那とうさぎのうかつで愉快な日常です。
06« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08

This Archive : 2014年07月

旦那は風に

旦那「 凄いよ! ついに入れちゃったよ!!


29日の夜。
クロスバイクで自転車通勤して帰ってきた旦那が、興奮しながらスマホをかざしてきました。

私「あ、アプリ?

サイクルコンピューターの代わりになるアプリを、ついにインストールした模様。


さらに、帰りで新記録のタイム。

37167.jpg

1時間17分って、もう電車の所要時間と変わらないじゃない。


朝もロードバイクにはりついてとばしていたとのこと。
信号待ちで、スクーターに乗ったおじさんに話しかけられたそうです。

おじさん「自転車凄いねぇ。速いねぇ!」
旦那「目の前のロードバイクの方がもっと速いですよ

おじさん「さっき40km位出てたでしょう?」
旦那「40kmは出ないですよ。坂道だったからかな?

おじさん「いや~、凄いなぁ。自転車でそんなに速いなんて尊敬しちゃうなぁ」



. . . . . . . . . . . .


旦那「……なんて言われたから、スクーター抜いたら悪い気がして

旦那「手加減してたらロードバイクに引き離されちゃった (・ω・`;)

私「でも、帰りも最高速度30km超えてるじゃん

37219.jpg


最高タイムをうさぎでマークするなんて、やるじゃないかこのアプリ。

情報が可視化されることにより、旦那のやりがいややる気がメリメリあがっている模様。


旦那「 いや~、でもとにかく凄いよ!  (*゜∀゜)=3!!

もっともっと行ける! ってオーラが燃えています。


私「……旦那と東京に一緒に自転車で行くのは無理そうだね
旦那「?! ( ゚д゚)

私「…… (-ω-)
旦那「だ、大丈夫だよ!! 妻と行く時にはゆっくり行くから…っ

私「…… (-∀-)


しばらくは、速さを求める旦那の邪魔をするのはやめておこうかな?


とばして事故にあわないかだけが心配ですけどね!
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 日々のこと | GENRE : 結婚・家庭生活 |

うさピスト

月曜日の夜。

旦那は、フリーランスの営業をしてくれているKさんと食事をしてきました。


今後のお話をするため。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なんかちょっと、ややこしいんですが、旦那はKさんを経由してお仕事をしています。
Kさんが社長の会社の社員という扱いで、他所の会社(現場)に働きに行っているのです。

私の感覚だと、派遣社員みたいな感じですね。
派遣会社がKさんで、派遣社員が旦那。

でも、派遣社員とも違うのは、旦那は個人事業主なので、
会社という組織に守られた存在ではありません。

Kさんは、現在旦那のようにKさん経由で現場に行ってもらっているメンバー(以下:仕事メンバー)と、
きちんとした会社を設立したい考えを持っているそうです。
この、Kさん経由で現場に行っている仕事メンバーの中に、Hさんも含まれています。

Kさんを紹介してくれたのは、Hさんだったのです。
Hさんは、とある現場で派遣としてやってきた旦那と出会い、
旦那を気に入って、フリーランスとしての道を勧めてくれた人。

おかげで旦那の収入は大幅にアップしました。

なので、Hさんは旦那の(ぷちオタ家の)恩人なのです。



なのですが……

ブログでも、チョロチョロとぼやいていましたが、
Hさんの旦那に対する態度がなんだかおかしくなっていってしまいました。

2012年にはすでに、厄介に感じていました。


基本、旦那とHさんの現場が一緒になることはありません。
まだ旦那が派遣社員だった時の、Hさんと出会った現場と、
Kさんにお世話になって、初めて紹介してもらった現場と、計2回ほど。

仕事のつきあいというより、プライベートでの付き合いの比率が大でした。

平日はもとより、休日でもHさんの呼び出しで都内に飲みにでかけたり。
細かいやりとりは覚えていないのですが、はたから旦那に連絡を取ってくるHさんの様子を見ていると、

なんかHさん、旦那の彼女みたいだなぁ……

といった印象を抱いていました。


次第に、Hさんが旦那に「メールが帰ってくるのが遅い」だとか「携帯を手放すな」だとか言うようになってきて、余計に彼女っぽいなと思うようになりました。
それ、よくカップルで、彼女が彼氏に怒る理由としてよく聞くような案件だよね?

何かというと不機嫌になり、怒り、時には殴り、謝罪を求める。
謝罪をしに来いという。

旦那の言葉では、なるほどと思う怒りの理由もあるそうですが、
キチ●イじみた理由で怒っていることもありました。

現場が大宮から東京に変わった際に、Kさんに「東京いいでしょ?」と訊かれ、
「大宮より(電車の乗換が行きやすいから)いいです」と答えたところ、
埼玉県民のHさん激オコで「大宮バカにしてんのか?!」となった時には私もポカーン。

LINEで連絡を取れば、既読になるのが遅いことに怒って、何度か謝罪させ、
しまいには「お前とはLINEやらん。メールでやりとりする」と言って、
LINEのグループで旦那が発言した内容も、メールで改めて送らないとダメだとか。


そして、AKBにはまって総選挙ともなると、旦那にも投票を強要する。
私にも投票をさせようとするので、毎回私は断ってましたが……
旦那には拒否権が与えられず。



そんなこんなで、旦那は精神的に疲弊していました。

加えて、ゆくゆくはKさんの設立した会社の社員になるという話も、進みません。
旦那がお世話になってから、2~3年後には……と言っていたのに、
とっくに過ぎてしまいました。

そんなHさんを内包した仕事メンバーと仕事をしていくことも嫌だし、
ちゃんとした会社になる見込みも立たない場所に身をおくことにも、
そろそろ不安を感じる。

幸い、旦那には他にも仕事を紹介してくれると言ってくれている人もいます。



2013年を迎える頃には、Kさんのもとを離れたいと旦那は考えていました。



そんな折。

また、Hさんが暴走。


8月にKさんの仕事メンバー(もちろん旦那もHさんも含まれる)と、
バーベキューをするプランがあるのですが、
手ぶらバーベキューのセットに追加の食材の買い物をどうするかの話になった際に、
旦那が各自買い出しを提案したところ、ブチギレしだしたのです。

「俺に一人で買い出ししてこいってこと?」

大人数になるし、子供のいる家庭だと子供の分は親が買ったほうが良いだろうし、
そう思ったから各自と旦那は提案したそうなんですけど。
それでブチギレたHさんはバーベキューキャンセル。

不承不承、謝罪をしようと旦那からコンタクトをとろうと連絡をしてみましたが、
「しばらく放っておいて」とシャットアウト。


今までは、Hさんの理不尽な態度は旦那とサシの状態でないと発動しなかったのですが、
今回は仕事メンバーのLINEのグループトークで発動したため、全員の知るところに……

KさんがHさんに連絡をとって仲裁しようとしたようなのですが、ダメでした。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

なが~~くなってしまいました。
そんなこともあったので、いよいよもう、キリをつけようと、話に行ったのです。


仕事メンバーから、抜けたい。辞めたいと。




Kさん、Hさんの話をされるのかと思っていたらそんな話で、驚いたそうです。

旦那も、もうこの業界の仕事を辞めたいと話したそうなので、
色々あったようですが……

辞めることにはめちゃくちゃ引き止められて、
「年内まで気持ちが変わらなかったらもう引き止めない」ってことで保留になりました。

さらに、KさんもHさんに遠慮していたという暴露話も聞いちゃったそうで。
Hさんを介さないでKさんが話そうとすると、Hさんがややこしいことになるので話せないこともたくさんあったとのこと。

ん? じゃあ、会社になる話がモヤモヤしちゃってたのも、
Hさんの妨害(?)もあったからなんじゃないの?! みたいな。

KさんもHさん面倒くさいって、その暴露、どういうこと?! みたいな。




昨晩、遅く帰ってきた旦那の話を聞いて、
思い悩み疲れた旦那の顔を見て……

その頭をそっと抱きしめて、撫でました。


すると、あんこも旦那に寄り添って、旦那の脚をペロペロ……


私「?! あんこも…!
旦那「?! なにこのコラボ


あんこも、何やら感じ取ったのかな? だよね?
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 日々のこと | GENRE : 結婚・家庭生活 |

突撃!北軽井沢

26日の土曜日。

早朝3時に起きて、4時に車で出発。



軽井沢に、行ってきました!




会社のお偉いさんの親族が所有している別荘に、
お偉いさん含め会社の人達とお泊りさせていただいたのです。

同僚やその妻子、果ては他所の会社の人まで集まり、総勢12人!
もちろん(?)旦那も誘われて一緒でした!

お偉いさんを含む数名は、別荘近くでゴルフ。
他、平社員プラスαは、軽井沢を観光してきました♪


軽井沢って……

子供の頃、来たことがあったかもしれないのですが、記憶にないというか。
このあたりに来るなら、草津にまで向かっちゃっているというか。

とにかく、まともに観光するのは初めて!




DSC_1419.jpg

白糸の滝でマイナスイオンを浴びて、売店で大ぶりの桃を味わったり、
腸詰屋でホットドックに舌鼓を打ったり、

1406450242633.jpg

旧軽井沢森ノ美術館のトリック・アートに興じてみたり、

DSC_1421.jpg

雲場池の景観を楽しんで散策したりと。


ガッツリ楽しみました!!


………遅くても4時起きのメンツだったので、全員眠気と闘いながらの観光でしたが。


夜は、別荘のテラスでバーベキュー。
大勢でワイワイ、いいですね~。

寝る前に近場の温泉にも行けて、裸の付き合いもできちゃいました。

私は社員旅行にも参加したことがなかったので、会社の人達との旅行がなんだか新鮮な気分でした。



翌日は、お片付けをして別荘にて解散。
我が家は、友人と軽井沢駅近くのカフェで朝食を頂いてから帰路につきました。

お昼ごはんにと、横川のSAで峠の釜めしもゲット。

DSC_1430.jpg

旦那が休みなく高速を走らせてくれたので、釜飯は帰宅してから頂きました。
20年ぶりくらいにいただきましたが……

美味しかった!




本日、出勤して旅行に行ったメンツと顔を合わせて挨拶した際、
「楽しかったね。またやろうね」といった趣旨の会話になったりしてました。

ほんと、楽しかった。ぜひまたワイワイやりたいです。


その前に、旦那と2人きりでの旅行もしたいですけどね! (-艸-*)
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 日々のこと | GENRE : 結婚・家庭生活 |

7月の3連休(中日)

前日の豪雨が嘘のように、日曜日は明るい日差しの朝を迎えました。

旦那は前日のお片付けをしにキャンプ場へ。
私は専門学校時代の友人たちとバーベキューをしに、小金井公園に出発です。

バーベキューメンバーは、大人7人、小学生1人、幼稚園児2人、乳幼児1人。

近場に住んでいる1家族は車で向かって、先に準備を進めてもらい、
遠方からくる電車組で、追加の食材や飲み物などを武蔵小金井駅で買い出ししていくプラン。

買い出しは北口の長崎屋で。
北口の4番乗り場から出発するバスに乗って、バーベキュー場近くのスポーツセンター前の停留所で降りる。
事前に調べて、そう決めておきました。

子供連れの1家族と買い出しは大変になるかも。
気を利かせて早めに着いて先にある程度買うものをピックしておく予定だったのに、
私ときたら東小金井駅で勘違いして降りてしまい、ロスタイム!

次の電車に乗って慌てて武蔵小金井駅に降り立ったものの、長崎屋が見つからずに混乱。
長崎屋って、ドン・キホーテに変わってしまったの?!

バスに乗ろうとしたら、4番乗り場が見つからずにまたまた混乱。
関東バスはホグワーツ特急だったの?!
4番乗り場は「9と3/4番線」ホームだったの?!

いや~、到着する前からすったもんだです。

結局、3番乗り場からバスに乗って「小金井公園西口」まで。
西口から目的のバーベキュー場までは、公園の端から端。
1.7kmほどテクテク歩かなくてはならなくなりました (;´д`)=3


遅ればせながらやっとこバーベキュー場に着いた時には、テーブルもタープもしっかりセットされ、
炭にも火がついていて、食材の用意をすればいいだけになっていました。
先発隊の夫婦に感謝 (≧◇≦;)

恩師の先生が子どもたちに水鉄砲を買い与えてくれたので、
子供が水鉄砲で夢中になっている間にバーベキュー準備開始。

お酒で先に乾杯しつつ、女達が用意した食材を、友人の旦那さん2名がせっせと焼いてくれました。


出だしに、幼稚園児が1人迷子になるハプニングもありましたが、
迷子のお姉ちゃんが見事発見して事なきを得ました。
人が多すぎて見失っちゃいますね…… (´っд・。)

そう、本当に人が多くてビックリです。
天気崩れるって言われていたのに、すごい人。

我々も集まったわけですけど。

子ども達は、食べ終わるとよその子ども達と一緒に遊んだりしていました。
すぐ仲良くなっちゃう子どもが微笑ましい ( *´ー`*)


大人達もワイワイ歓談しているうちに、あっという間に15時!

先生差し入れのケーキを食べて、お開きにすることにしました。
片付けして、遊び場に子どもを連れて行ってくれたパパ達を迎えに行ったりして、公園を出たのは16時頃。

今度こそスポーツセンター側からバスに乗って帰りたかったのですが、
1時間待ちと判明して、東小金井駅まで歩くことにしました。

またまた1.5kmをテクテクテクテク。

感心するのは、幼稚園児、諦めずに歩ききったのです。
小学生も若干バテ気味だったのに。
偉いなぁ。

西口からも歩いて、公園内でもはしゃいで遊んで、そして帰り道。
大人でも疲れるのに。凄いなぁ。


心配した雨ですが、ポツリと一瞬降られた位で、見事回避できました!
電車に乗って都心部を過ぎている間だけ降られ、千葉県に突入したらやんでました。

家にたどり着いた途端に降ってきました。

私って、晴れ女だったっけ?! (*゚∀゚)=3
って思いたくなるくらいラッキー!

友人達も雨には降られずに帰れたみたいで、ダブルラッキー!!


私達の情熱が雨雲祓ったかな? ヾ(≧▽≦)ノ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 日々のこと | GENRE : 結婚・家庭生活 |

7月の3連休

そこだけ狙い撃ちしたような天気予報の雨マークに、
私も旦那も数日前からソワソワ(?)していました。


旦那は19日(土)から、相談員のブロックキャンプで一泊予定。
私は20日(日)に、専門学校の友人たちとバーベキュー予定。

いずれも夕方から強い雨の予報。

ブロックキャンプは子供100人と相談員の大人たち数十名の規模。
旦那はキャンプ部長だったので、子供たちのことを考え
泊まりはやめてデイ・キャンプへの予定変更を他の相談員達に提案していたそうです。
ちゃんと、雨天時のプランもあるので、そちらを考えようという提案です。

しかし、往年の相談員たちは「雨が降っても子供たちは大丈夫。なんとかなるなる」と聞く耳を持たず、当日を迎えてしまいました。

19日朝の気象庁の天気予報では、夕方から翌朝にかけて強い雨の予報。

子供たちの集合前に、相談員達が先に集まって準備をする際にも、
デイ・キャンプに変更しようと旦那は言ったそうなのですが、
「現状の天気が雨天ではないから、雨天プランには出来ない」と押し切られたそうです。

一泊決行になったと、午前中に旦那からLINEで一報が届きました。


キャンプ場でテントをはって一泊だというのに……
大丈夫なのだろうか?


さて、私は私で翌日のバーベキューについて考えなきゃなりません。
会場は、西東京の小金井公園。
気象庁の発表では、やはり夕方からの雨の予報。

陽射しよけのつもりでレンタルしたタープもあるし、夕方前にちょっと降るくらいならなんとかなるだろう。
ちゃっちゃと昼食としてバーベキューを楽しんで、早めに解散するってことで、
バーベキューを決行することに決めました。

そんな連絡を友人たちと取り合い、人心地ついた17時少し前。

あれ、なんか降ってきたぞ?




パラパラと雨音がしたかと思うと、一気に強い雨に変わっていきました。

旦那のいるキャンプ場は、家から直線距離で3km程。
たいした天気の差はないはず。

キャンプ場は大丈夫なのだろうか……。

心配して旦那にLINEを入れてみると『テントに避難中』と返信。

テントに避難って言っても……
この雨は、ヤバイんじゃないのか???


その後、旦那からは連絡が絶えました。

私は18時頃、実家に夕餉をごちそうになりに向かったのですが、
たかだか20m程の移動で、傘を指しているのに背中などを濡らしてしまう有り様。
雨の跳ね返りで視界は白いし、雷も幾度も光りました。

20時を回ってから実家を後にしましたが、豪雨を脱してはいるものの普通に降っています。

翌日私も早めに家を出たいし、早めに寝ようかと寝る準備を済ませた23時過ぎ。
旦那から連絡が。


旦那『返せなくてごめん。そろそろ帰ります

え。


帰ってくるの?!



それから30分ほどして、
ドロドロ&ビショビショでヨレヨレになった旦那が帰ってきました。

テントから建屋に子供たちを避難させた後、
18時頃から保護者に連絡を入れて、随時子供たちを迎えに来てもらっていたそうです。
子供たちを全員返して、大人たちで話し合いなどをした後に解散したとのこと。

朝、キャンプ場に子供を送ってきた保護者たちには、
天気によってはお迎えをお願いすることになるとも伝えてあったそうで。

それにしても、微妙に対応の遅さを感じてしまいます。

キャンプ部長の旦那と、ブロック部長とで避難を決めたのに、
他の相談員がどうせ雨はすぐに止むなどとごねたりして、
動きが遅くなったりしていたなどと聞くと、なんだそりゃ?!って憤ってしまいました。

私が子供の親だったら、とっとと電話連絡を入れて迎えに行っちゃうな。
実際、そんな保護者もいたそうです。


濡れた汚れ物だけはさっさと洗わないとと思って手洗いを始めたのですが、
泥まみれの靴下は何度洗ってもなかなか土が落ちなくて苦労しました。

キャンプ場の現場が、いかに酷い有り様だったのか……


旦那は翌日も、朝からテントなどの片付けにキャンプ場に向かいました。
デイ・キャンプに最初からしていれば、こんなに大変なことにならなかったのに……
と思わずにはいられませんでした。

実家に言った時の会話。

私「旦那が泊まりはやめようって言ったのに『子供は雨降っても大丈夫だ』って決行になったらしいよ
父「そりゃ、自分たちがキャンプやりたいだけじゃないのか

全くおんなじセリフ、旦那も言ってたな (==;)



子供を喜ばせ、楽しませてあげたいっていう気持ちで、
キャンプを中止にしたくはないという思いは理解できるのですが、
子供の身の安全とかそういうことが二の次にされているように感じてどうにも得心がいきません。

仮に豪雨がもっと夜中になっていたら……
保護者の迎えも難しいものになっていただろうし、
暗く足場の悪い中で避難も更に大変になっていただろうし。

そうでなくても、雨に濡れて体調を悪くしてしまうかもしれない。
テントに水が入り込んでしまうかもしれない。


自分、心配性すぎるのかしら (=ω=;)ゞ
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 日々のこと | GENRE : 結婚・家庭生活 |

プロフィール

usapooh
双方初彼氏彼女で2年と7ヵ月交際
2009年3月結婚。
2009年7月お家を購入!
ベビなし共働き中。
2013年1月うさぎのあんこ登場。

2014年12月旦那が不倫。
2015年5月別居開始。
2015年12月末、再構築へ。

● ぷちオタ家 ●
:usapooh
AGE:38歳
TYPE:典型的なO型
JOB:会社員(データ関連)

旦那:bayopooh
AGE:2年355日年下
TYPE:A型より(?)のAB型
JOB:フリーランス(SE)

あんこ(うさぎ)
AGE:2012年9月生
TYPE:ライオン混ドワーフ
JOB:自宅警備員


最新のコメント


カテゴリ


タグクラウドとサーチ


リンク


月別アーカイブ

05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


お小遣い稼ぎ中

☆御用達アンケートサイト☆
めちゃオススメです!
マクロミルへ登録

☆御用達ポイントサイト☆
ダブルポイントでゲット!
ポイントサイト「Point Income」


Plus