MMORPGを通じてリアルに結婚した、私と旦那とうさぎのうかつで愉快な日常です。
12« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02

This Archive : 2010年01月

私『ながら』は苦手です!

数日前の朝。
ふと急に思い立って、魚焼きグリルをガスレンジから引き抜くと…


私「 げ ( ̄A ̄;)


いつの物だかも記憶にない、魚を焼いた形跡のクッキングシートが内蔵されていました。

しかも、クッキングシートにはカビが生えており、
魚焼きグリルにもぽつぽつと汚れとカビらしきものが。

やっちまったー、と騒ぎながら、シートを捨ててグリルを水につけて出勤 (´д`||i)


その夜。
くだんのグリルを私はブラシを使って洗い始めました。

旦那「それか? 今朝カビが生えたって言ってたのは
私「うん。そうなの

私はグリルの角隅をブラシでごしごしとやることに真剣で、
旦那を振り返りもせずに機械的に返事をしました。

……私は、男脳に近いのか、
何かを一心不乱にやっていると、同時に会話をするのも難しい状態に陥ります。

旦那「一体(魚焼きグリルは)どうなっていたんだ?
私「んー… とね

なので、そういう状態で「はい」「いいえ」以外の返事をしようとすると、
いつものようにぱぱっと説明をできなくなってしまい、言葉を脳からひねり出すのが一苦労なのです。

私「なんか、魚を焼きっぱなしにしたままになってて。

私「片付けるの、忘れてたみたいで

私「網の上にクッキングシートが乗ってたんだけど

私「そのクッキングシートの上にカビが生えていたの

私は親の敵のように魚焼きグリルに付着している汚れから目を離さず、
ブラシを動かす手を止めることもなく、言葉を句切るようにしながら答えました。

旦那「あ、そうなんだ。じゃあ クッシー にカビが生えていたのか


・・・・・・・


私「え? クッシー? なにそれ (・ω・`)

旦那と会話をしながら止まることのなかったブラシを持つ手が、ついに止まりました。

クッシー…??
未知の言葉に私の脳のキャパシティはオーバーしてしまったようでした。

旦那「ん? いやだからクッシーにカビが生えたんだよね?
私「くし? 知らなーい

旦那が何を言っているのか、本気で理解できずに混乱する私。

旦那「さっき妻が言ってたじゃない。クッシーの上にカビが生えてたって

言いました。
言いましたとも。

がんばって説明したもの。

私「そう。これの上に…

大きく頷いて、私は磨いていたグリルを指さしました。

いや、そうじゃないよ。
カビが生えたのはグリルって言うよりも…

私「クッキングシートに……


・・・・・・・・・・・


私「 あっ ……だから『クッシー』か!

旦那「 そうだよ! (つ∀`*)


クッ キング シー トね!!



私「あー、そっかそっか。旦那が急に『くし』って言い出したのもクッシーと関係があるからか (o´∀`o)

旦那「いや、オレは一言も『くし』なんて言ってないよ



・・・・・・・・・・・・・・




あれ??





自分で自分がわからない…。
話をするときは、手を止めないとってことね… (-ω-;)
スポンサーサイト
COMMENT : 0
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 頑張れ自分! | GENRE : 結婚・家庭生活 |

父と娘の狂想曲

母が入院した日。

旦那と見舞って、自分も体調が悪かったので夕飯を作る気にならず、
家に帰る前になか卯で夕食を済ませました。
帰宅してから、一応と実家の父のところに顔を出した私達。

父「飯、どうしたんだ?
私「食べてきたよ

父「えー?! 冷てぇなぁ

どうやら私達が帰ってくるのを待っていたらしい。

知らないよ。
だったら「病院帰りでうちで飯食わないか」とか一言先に言っておいて欲しかった。
実のところ、「飯はどうした?」と訊かれるのがイヤで食べて帰ったのもあるんだけど。

だって、風邪っぽくてだるいのに(旦那も風邪)父と長々団欒(?)したくないのよ私は。
……疲れるから。


一方的に喋りまくる父に、私は用は済んだとばかりに帰ろうとしたのですが、
中々父のトークがやまずに玄関の前で数分立ち話になったり。

父「まぁ、今日は、お疲れ様でした。ありがとうね
私「え、別に。いやいや

そして、旦那に向かい、

父「 ぷちオタ君も(我が家の苗字)



ナ━━(##`Д´)━━ンダトォォ?!



私「 何それ?! 何ぷちオタ君って?! (# ゚Д゚)

私「 私もぷちオタですけど?! (#`Д´)


父「お前は、お前だもん (゚∀゚)


私「 何言ってんの!? もう嫁にいったんだよ!

私「 もうこの家の者じゃないんだからね!! 帰る!!

旦那「オロオロ(( ( ̄_ ̄;)(; ̄_ ̄) ))オロオロ



怒りの勢いのまま、実家の扉から出て行きました。




翌日。20:47。
父から着信。

父『飯は~? どうしてるの?
私「食べてる (-ω-)

父『あっ そう~……
私「うん

父『お母さん、金曜日に手術って決まったから
私「了解

父『なんか、元気ないじゃない
私「風邪気味だからね

父『そうか。彼(の具合)は?

私「・・・・・・・・・


父『……bayopooh君は?




やっと名前を言いよったな (=ω=)





さらに翌々日の27日。18:34。
父からメール。
今日はまだ仕事ですかよかったら電話ください

旦那「晩ご飯一緒に食べようってことじゃないの?
私「……だろうね

素直に電話をかける私。

父『今日、晩ご飯は?
私「会社の人とご飯する約束だから

旦那も年末私の会社でアルバイトをしていたので、
面識あるので旦那も一緒の夕食プランでした。

父『ふーん… じゃぁダメじゃない
私「ダメだね

父『……
私「……

父『ほら、今お母さん入院して、俺1人じゃない? ご飯作ってもさ
私「だって、平日に晩ご飯食べるって言ったって、帰るの遅いよこっち?

私「晩ご飯食べる時間が遅いとどうのとかなんだの言うじゃないの
父『や、それはいいんだよ。先に食べるから。量がさ…

私「……

父『いいよ。今日はダメなのね。じゃあね
私「はい。じゃあね


(=ω=)b]プチッ


旦那「寂しいんだよ、お義父さん (=∀=;)

旦那「妻と一緒にご飯が食べたいんだよ


私「じゃあ、毎晩晩飯食べに実家に行くか?
旦那「いや、無理。帰り遅いし (・∀・;)



寂しいのは、わからなくもない。
別に父のことが嫌いなわけではない(ちょっとアレだけど)。

しかし。


娘が嫁に行ったとか、その辺の自覚とか、
結婚式の日に「幸せになれよ」とか言っておいて全く感じられないのよ、父には。

今までの娘との生活の延長線上にしか捉えていない感じで
(旦那のことも彼氏との認識の延長線上にしか捉えてない感じで)、
私としては納得がいかない。


けじめがない!! けじめが!!





父は今年66歳になる。
そう思えば、あまり父に冷たくするのもどうかと思いはするのだけれど…



どーしたもんだろう。

今夜は大人しく夕飯をごちに行こうか…な…? (´A`;)
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 夫婦日記 | THEME : 家族 | GENRE : 結婚・家庭生活 |

ポキーン!

1月11日に、実家の母が階段から落ちて救急車に運ばれました。

レントゲンを撮ったのですが骨折はしていない診断。
あっさりと家に帰されたのですが、元々脚の悪い母は歩くことが出来ずに車椅子生活に。
定年を迎えて現在は週2で出勤している父や私が仕事を休んで母の介護をしていました。

昨日改めて救急車で運ばれた先の病院に父が母を連れて行くと、
やはり骨折しており悪化していたので、入院することに。(酷い話だ)


私は父からのメールで母の入院を知りました。
仕事が終わってすぐに病院に向かおうと家にいた旦那に連絡。

旦那『わかった。車で迎えに行くよ。どこに迎えに行けばいい?
私「やー、いいよ。M駅からバスで行くから、病院に来て?

母が入院した病院は旦那とも何度も向かったことのある病院なので、
旦那も道に問題はないはず。

旦那『いいよ。M駅行けばいいの?
私「や・・・ M駅、わかるの?

最寄り駅から一つ隣のM駅から家までは、何度かタクシーで走ったこともあるけれど。
道を覚えるのが苦手な方向音痴気味の旦那に、向かうことが出来るか私は不安でした。

旦那『わかんないけど。地図見れば行けるよ! (`・∀・)
私「や、いいよ。地図見てなんて、病院でいいから


旦那『 そんなこと言ったら、オレ病院だって道怪しいよ!

私「 ええぇ?! Σ(゚д゚lll)


病院への道とほぼ同じルートを、たまに遊びに行く千葉ニュータウンに向かう時に使っていて、
私はその道を使うたびに「ここ左に曲がったら病院だよ」と言っていたのに…っ


私「あ… あんなに通ってるのに?!

旦那「そうだよ! でも病院も地図見て行けるよ!!
私「いや、ごめん。私が悪かったよ。1人で行くから

旦那『大丈夫だよ!!



結局。旦那にM駅まで来てもらうことに。
旦那は 一度曲がり損なった くらいで、無事にM駅に私を迎えに来ることに成功しました。

M駅から病院に私の案内で車を走らせる旦那。

旦那「このまま走っていくと、オレの知っている道に繋がるの?
私「うん。そうだよ。よく知ってる道に繋がるよ


旦那の見覚えのある道に至ったその時。


旦那「 つながった!! ポキーン! ( ゚∀゚)

私「 Σ(゚∀゚ )


ポキーンって、旦那。


私「(*≧ω≦*) ぶふふっ

旦那「え? え? 何? おかしかった?? (´・∀・`)


ポキーンじゃ、折れてるだろう。
折れてどうする。

旦那の脳内地図。


いやしかし。
地図が読める旦那に昇格して、良かった良かった ( ̄∀ ̄)
COMMENT : 0
TrackBack : 0

ナチュラルクリーニング?

金曜日の夜。
私の会社の友人2人と材料を買い込んで初の豆乳鍋を作りました!

野菜をもりもり買い物カゴに突っ込む友人に、多すぎないかとつっこんだのですが…

友人B「4人でしょ?! あっという間になくなるよ!!」

と、自信満々。

……結果は、
野菜の煮込み(ポトフか??)みたいな状態でもう1回鍋が出来るくらい残ってしまいました。

お土産のワインに手がかけられる前に、みんな食べ過ぎ他のお酒(ビール)飲み過ぎ状態で撃沈。
そんなこんなでしたが、
楽しいお鍋を過ごすことが出来ました ゚.+:。 ヾ(。・ω・)ノ゚.+:。



一泊し、翌朝もお鍋を食し、夕方に帰った友人達。

残されたお鍋は、底が真っ黒に焦げ付いてしまっていました。




旦那「何がこんなに焦げついてしまったのか……


旦那「妻、色々洗い物してくれたから、鍋はオレが頑張るよ!!

実はこの鍋、手持ちの土鍋では容量が足りないので私の実家から急遽レンタルしてきたもの。
きちんと洗って返さなくては、と旦那は奮闘してくれました。




しかし。





旦那「落ちない……


旦那「タワシでこすっても落ちないよ!! ヽ(`Д´;)ノ


しばらく水につけておいたりしたのですが、それでもダメ。
旦那は敵(焦げ)との戦いに燃え、やかんで湯を沸かしだしました。

旦那「オレの最終奥義熱湯攻撃にどれだけ耐えられるかな!? (゚∀゚+)

それまで旦那の戦いを静かに見守っていた私。
ふとひらめいて旦那に声をかけました。


私「熱湯じゃなくてアレやってみたら?

旦那「??? (・ω・`)

私「クエン酸? いやクエン酸じゃなくて、えーと、えーと、あれは……
旦那「重曹?

私「重曹…? いや、クエン酸だ!! ( ・∀・)b
旦那「・・・・・ (゚∀゚;)


旦那「 ね… これって、つっこんでいいの? (-∀-;)

私「え? 何が??

旦那「いや、だって今のおかしいだろ (ノω≦。)
私「??? (;゚д゚)


旦那「『クエン酸?』って始まって『クエン酸じゃない』って言ったのに、最後に『クエン酸だ!』って…

旦那「・゚・(ノ∀´゚)・゚・

私「?? (;゚∀゚)


旦那の笑いに置いて行かれる私。

そんなおかしい??




気を取り直して100円ショップで購入したクエン酸の袋を取り出す私。
しかし、目的の表記が見あたらない。

私「あれー? クエン酸じゃなかった
旦那「重曹… 炭酸ソーダ?

そうなのよ。
炭酸ガスを発生させて、焦げ付き汚れを浮かしたいのよ。

これまた100円ショップで購入した重曹の袋を取り出す私。




私「 あ、重曹だった






皆さん、鍋の焦げ落としには 重曹 ですよ!!

染み抜きにも…有用です… ・゚・(ノ∀`;)・゚・
COMMENT : 2
TrackBack : 0

似たもの夫婦

夕飯はすっかり外食になってしまっているぷちオタ家。


前日の夜はイタリアンだったから、
今夜は和食とか中華とかがいいかな?

なんて言いながら、セレクトした店は、洋麺屋五右衛門


旦那「和風があるし!
私「昨日はパスタは食べてないし!!


言い訳がましく入店し、注文を済ませた後、話題は金曜日の夜のプランに。

金曜日の夜(今夜)は、私の会社の友人2人が我が家にやってきて鍋をする予定。
でも最寄り駅から自宅まで歩くと20分位かかってしまいます。

私が友人達と鍋の食材を買い物して帰るので、
旦那が先行して帰って車で最寄り駅まで迎えに来ようかという話になりました。

旦那「じゃあ、明日はちゃんとJRのF駅までチャリで行くよ!! (*・∀・)/
私「え? 地元駅じゃなくていいの? 時間かかっちゃうじゃん

ちなみに、旦那は朝F駅まで約9キロの道のりを、30分かからずに自転車で行ってしまうのですが、
帰路となると40~50分かけて帰ってくるのが常です。

…しかし、私と一緒に帰っているときはF駅で別れた旦那の方が先に帰宅していたりするのですが…

旦那「大丈夫だよ! いつもオレの方が先に帰宅してるじゃん!
私「だって、家で私が帰りを待ってるときは遅いじゃない


旦那「それは競争しているからだよ!! (`・∀・)o

私「Σ(=Д=;)


私「つまりなに、私が家で帰りを待っていると本気を出さないってこと?! (=゛=#)
旦那「や~、それはさぁ、疲れてるときもあるんだよ ヾ(;´▽`)

旦那「あの坂道なんて、それこそもう青息吐息よ


私「そしたら明日だって、F駅から帰ったら 青色吐息 で疲れちゃうんでしょ?!


旦那「・・・
私「・・・



旦那「青色吐息…? 青息吐息だよ?



旦那「なに、その、桃色吐息的な…



はわわわわ… ((((((´д`; ))))))


私「いいじゃんっ 青緑っぽくて!! ヽ(≧△≦)/
(※青緑 = のだめカンタービレのネタを引きずっている妻)



悪かったわよ!!

知らなかったんだよ青息吐息って!!
青色吐息って聞こえたんだもん!!




騒いでいると和風パスタが運ばれてきました。

旦那「青じそ、ばぶ~

(・ω・)? ばぶ~?

旦那「しめじ、ばぶ~



私「何…? 『ばぶ~』って、どうしたの?

旦那「?!  『和風』 だよ!! 何 『ばぶ~』 って!! ((;゚∀゚)!!



…や、だって、旦那だったら言ってもおかしくないかな…って…




なんだか今日は、私がやけに聞き間違い(?)するなぁ…。
そんな風に思いながら地元駅まで帰ってきました。

駐輪場に自転車を取りに行き、先に自転車の用意の済んだ旦那の元へ。

私「ごめんね、待たせて

私「自転車倒れてたから…
旦那「え? 自転車登録してたから?

私「・・・

旦那「あっ 倒れてたからか!?!



うん。
どっちもどっちです。
COMMENT : 1
TrackBack : 0

プロフィール

usapooh
双方初彼氏彼女で2年と7ヵ月交際
2009年3月結婚。
2009年7月お家を購入!
ベビなし共働き中。
2013年1月うさぎのあんこ登場。

2014年12月旦那が不倫。
2015年5月別居開始。
2015年12月末、再構築へ。

● ぷちオタ家 ●
:usapooh
AGE:38歳
TYPE:典型的なO型
JOB:会社員(データ関連)

旦那:bayopooh
AGE:2年355日年下
TYPE:A型より(?)のAB型
JOB:フリーランス(SE)

あんこ(うさぎ)
AGE:2012年9月生
TYPE:ライオン混ドワーフ
JOB:自宅警備員


最新のコメント


カテゴリ


タグクラウドとサーチ


リンク


月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 


お小遣い稼ぎ中

☆御用達アンケートサイト☆
めちゃオススメです!
マクロミルへ登録

☆御用達ポイントサイト☆
ダブルポイントでゲット!
ポイントサイト「Point Income」


Plus